Blog

米国での大麻使用

2019年11月22日 米国議会で11月20日、大麻を非犯罪化し、連邦レベルで「大麻税」の導入を目指す画期的な法案が可決された。ただし、この法案が共和党が実権を握る  アメリカでマリファナの使用が州によって合法化に向いているのには、各州独自の事情や背景があるからで、それは日本には当てはまらないことかもしれません。 2019年6月15日 米国では、2014年にコロラド州が全米で初めて、大麻を嗜好品として使用することを認めて以来、カリフォルニア州やマサチューセッツ州など各州が続々と  2019年1月25日 米国人消費者のカンナビジオール(CBD)を含む大麻関連商品への関心が 年12月17日、同州における嗜好目的での大麻使用の合法化を2019年に 

2019年12月1日 アメリカ下院議会司法委員会は現地時間11月20日、大麻禁止に終止符を打つ新法案を承認した。マリファナ合法化法案が議会委員会で承認されたのは、 

2019年9月28日 本稿を読まれる前に、予備知識としてアメリカの大麻史【前編】&【後編】「人権 ちなみに薬物使用の「非犯罪化」や「合法化」の法案は有権者の所属党を  2019年11月21日 米国は、大麻解禁に向けて正式に一歩を踏み出しました。 を合法化し、11の州とコロンビア特別区は、成人による嗜好用大麻使用を合法化しました。」. 主要な国の薬物別生涯経験率. 大麻. 覚醒剤. MDMA. コカイン. ヘロイン. ドイツ 日本の数値は、平成29年度厚生労働科学研究「薬物使用に関する全国住民調査(2017  2019年7月22日 2014年、全米に先駆けて娯楽用大麻を合法化したコロラド州では、この5年間でどんな変化が起きているのか。子供への影響は? ワシントン・ポスト(米国) しかし州の調査では、全体として大麻を使用する若者の数は増えていない。 2019年12月26日 米国で大麻の使用が以前よりも社会的に受け入れられるようになったが大麻の主な有効成分を含む電子たばこ製品の利用で肺疾患が急増している(英語 

2017年4月27日 2016年のアメリカ大統領選挙では、世界の関心はドナルド・トランプ氏に向けられた。その大統領選挙と同じ日、米国の9州で大麻(マリファナ)使用の合法 

2018年7月27日 大麻学部、大麻ツアー、大麻投資。人気ドラマ「グレイズ・アナトミー」でも患者にもらった大麻クッキーで全医師がハイになる場面があったり、アメリカでは  *2 NIDA(米国・国立薬物乱用研究所). *3 厚生労働省. *1 キーワード:大麻使用,薬物乱用防止教育,説得的コミュニケーション,キャンパスヘルス. Keyword:cannabis  2019年11月21日 大麻は米連邦政府が規制物質に指定していることもあって、いわゆる4大プロリーグを中心に米国のスポーツ界では広く使用が禁止されてきた。米プロ  またの名を大麻。日本では禁断の植物として厳しく規制される一方、米国では使用を認める州が増えているが、連邦法では依然として規制されているなど、実はさまざまな  2019年12月27日 大麻栽培事案には、アパート・マンション等での自己使用目的での栽培の他、 なお、米国において、大麻(マリファナ)が違法な薬物である一方で、THC  2020年1月13日 取材・文/大野和基 世界中で広がる大麻合法化の波。 だが、いまの日本で大麻を使用すれば犯罪者として裁かれて、人生を棒に振ることを忘れては  マリファナ(大麻、カンナビス)を使用した経験のあるアメリカ人は1億人以上。カリフォルニア州だけでも年間10億本のマリファナたばこが消費されています。2012年には 

2019年9月27日 ニューヨーク市保健精神衛生局(DOH)は24日、市民の大麻使用に関する初の包括的な調査報告書を発表した。ニューヨーク州での娯楽用大麻の合法化 

2019年1月25日 米国人消費者のカンナビジオール(CBD)を含む大麻関連商品への関心が 年12月17日、同州における嗜好目的での大麻使用の合法化を2019年に