CBD Products

大麻データカリフォルニア

2017年12月9日 米カリフォルニア州で20年前、医療用のマリフアナが初めて合法化されて以降、大麻関連ビジネスは他業種から有能な人材を集め、米投資企業から大規模な資金を呼び込むことで発展してきた。新しいコモディティー指数は、大麻の相場データ  2019年5月7日 またマリファナ産業でのフルタイムの雇用は2018年に全米で64,389件も増加し、カリフォルニア州ではマリファナに はマリファナ栽培業、プロダクト製造業をしている事業者向けのデータ分析、マーケティングプラットフォームを提供している。 太平洋岸北西部に位置するカリフォルニア州では特定患者に対して1996年から医療大麻(マリファナ)の使用を認可していました。カリフォルニアは医療用大麻を最初に認めた州で、2016年の州民投票によって大麻の成人使用(21歳以上)が合法化されました。 2017年6月27日 大麻(マリファナ)使用者は、怠け者で出世できず、何事にも無関心である、というレッテルを貼られることが多い。 投票によって大麻の販売が合法化された米国の二つの州、カリフォルニア州とコロラド州からの広範なデータを分析している。 2018年8月25日 米カリフォルニア州ブレントウードに大麻クラブを共同で立ち上げたメリールー・モリナロさんとカイル・ジョンソンさん( 複数の調査データによると、米国で大麻利用者の拡大が最も進んでいるのが高齢者で、この傾向が続けば、大麻消費量で 

2019年12月29日 カリフォルニア州議会は12月11日、妊娠中の女性が大麻の煙および主要成分のTHC(テトラヒドロカンナビノール)を 協会の広報担当者、ジョシュ・ドレイトン氏は「優れた政策と消費者の保護は、事実とデータに基づくものだ」と述べている。

2018年12月21日 特に注目を集めているのが、「ソフトドラッグ」に分類される大麻をめぐる動きだ。 マイケルの会社も40人ほどの従業員を雇う規模になり、カリフォルニアなど、その他の地域にも事業を展開している。 また合法化を挟んだ11年から15年にかけて、大麻に関連した緊急治療室への訪問回数は35%増えたといったデータもある。 2014年5月7日 米オバマ大統領の「私もかつて大麻を吸っていた」という発言が話題となったが、アメリカで実際に大麻解禁の動きが広がっている。なぜか。 2018年7月24日 今回は、南米コロンビアで開催された「大麻フェア」についてのレポートです。 嗜好用大麻は、米国のカリフォルニアやコロラド、ワシントンをはじめとしたいくつかの州でも既に合法ですし、欧州のオランダなどをはじめ、産業用、医療用大麻の 

2019年6月15日 米国では、2014年にコロラド州が全米で初めて、大麻を嗜好品として使用することを認めて以来、カリフォルニア州やマサチューセッツ州など各州が続々と大麻を解禁。イリノイ州を 大麻が原因の交通事故が増えているというデータもある。

2019年1月7日 大麻」と聞くと日本では麻薬、ドラッグ、危険、犯罪などのイメージを持っている方は非常に多いと思います。 私自身、アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコで大麻業界に携わっておりますので、最新の情報をお届けできればと データを元にアメリカの大麻(カンナビス)業界や薬物教育の社会的な側面について解説します。 2019年12月29日 カリフォルニア州議会は12月11日、妊娠中の女性が大麻の煙および主要成分のTHC(テトラヒドロカンナビノール)を 協会の広報担当者、ジョシュ・ドレイトン氏は「優れた政策と消費者の保護は、事実とデータに基づくものだ」と述べている。 2017年12月9日 米カリフォルニア州で20年前、医療用のマリフアナが初めて合法化されて以降、大麻関連ビジネスは他業種から有能な人材を集め、米投資企業から大規模な資金を呼び込むことで発展してきた。新しいコモディティー指数は、大麻の相場データ  2019年5月7日 またマリファナ産業でのフルタイムの雇用は2018年に全米で64,389件も増加し、カリフォルニア州ではマリファナに はマリファナ栽培業、プロダクト製造業をしている事業者向けのデータ分析、マーケティングプラットフォームを提供している。 太平洋岸北西部に位置するカリフォルニア州では特定患者に対して1996年から医療大麻(マリファナ)の使用を認可していました。カリフォルニアは医療用大麻を最初に認めた州で、2016年の州民投票によって大麻の成人使用(21歳以上)が合法化されました。

2019年2月12日 ニュース distribution : 米高級百貨店「バーニーズ ニューヨーク」のビバリーヒルズ店が、ラグジュアリーな大麻関連グッズ のカリフォルニア州では2018年から嗜好用大麻が解禁されたが、地域ごとに厳しい制限があり、ビバリーヒルズ市では 

2018年8月25日 米カリフォルニア州ブレントウードに大麻クラブを共同で立ち上げたメリールー・モリナロさんとカイル・ジョンソンさん( 複数の調査データによると、米国で大麻利用者の拡大が最も進んでいるのが高齢者で、この傾向が続けば、大麻消費量で  2019年3月26日 【3月26日 AFP】米国で初めてマリフアナ(大麻)を完全合法化したコロラド州の1病院で、大麻使用に関係する救急外来数がここ数年で3倍に 米カリフォルニア州ロサンゼルスで(2018年9月27 Monte)氏は、「救急医らは、食用大麻がもたらすこの現象に気付いてはいたが、それを裏付けるデータはこれまで存在しなかった。 2018年10月11日 セッツ、カリフォルニアの各州とワシントン D.C.と共. に提供される予定である。 合法規制されたマリファナ市場があり、最近の青少年. データがある州(コロラド、ワシントン、アラスカ). 青少年のマリファナ使用は、全米およびマリファナ合. 全米の医療大麻人口はおよそ260万人と推計されている。50州から構成される連邦国家であるアメリカ合衆国で、医療大麻(医療マリファナ)が合法とされている州はそのうち24州と連邦政府直轄地区であるワシントンD.C地区である。その先陣を切り、最も早く